家族信託 不動産登記 相続 遺言 会社設立などお気軽にご相談ください

お問い合わせ・ご相談はお気軽に。
HOME 業務内容 事業所紹介 アクセスマップ プロフィール お問い合せ

不動産登記

■不動産登記とは?

不動産登記とは、重要な財産である土地や建物の所在・面積といった物理的な状況や、
所有者の住所・氏名、担保権等の権利を、公の帳簿(登記簿)に記載して公開することにより、
不動産の権利関係などを誰もが閲覧できるようにし、不動産取引の安全をはかるための制度です。

■司法書士がお手伝い!

不動産の売買に際して必要となる、売主から買主への所有権移転や、
買主が住宅ローンを利用する場合の担保設定などについて、
司法書士は当事者の代理人として取引現場に立ち会い、対象となる不動産や必要な書類、当事者の取引意思を確認し、
真正な登記を実現することによって不動産取引の安全性確保に日々努めています。

不動産の売買だけではなく、住宅ローンの返済が終わったときの担保権抹消、相続が発生した際の相続移転、
その他不動産をめぐる様々な権利変動について、司法書士は不動産登記の専門家として活躍しています。